「志免子育て支援コミュニティ おおきな木」は子育て・子育ちを応援します     
 志免子育て支援コミュニティ おおきな木










  団体設立の経緯と活動の目的

 私たちは、我が子が小さい頃から、子育てサークル等の活動を通じて、仲間同士で助け合いながら、居場所作り・遊び場作りを行ってきました。また、そのようなグループが集まったゆるやかなネットワークとして「志免町子育てネットワーク」を作り、情報交換したり、より多くの親子が参加できるような事業も行ってきました。

 そのような活動を通じて経験を積んだ仲間が集まり、地域の子育て環境をより良くする活動を発展させていくために立ち上げたのが、『志免子育て支援コミュニティ おおきな木』です。

 『志免子育て支援コミュニティ おおきな木』は志免町子育てネットワークの一員として子育て・子育ち中の親と子と共に、また、行政や町内外で活動する他の団体とも協働しながら、「子ども支援・子育て支援」の活動を通じた誰もが住みよいまちづくりを行って行きたいと思います。

  

 事業の内容・・・こんなことをしていきます
 

 子どもの適切な育ちを支える活動
    過剰なメディア接触、自由な外遊びの場の減少、偏った食生活など、便利すぎる現代。
    社会の裏で失われていく「子どもにとって大切なもの」を子ども達に取り戻したい。

 子育て世代をサポートする活動
   子どもを持つことが個人の自由となった現代では、親だけに子育ての全責任が
    かかるようになってしまった。
    子どもを育てることは、未来の社会を創る事である。
    より良い未来を創るために、社会全体がその価値を再認識し、
    多くの人がつながり支え合って、孤立した子育てを解消したい。

 子育て支援の質の向上
   支援を必要としている人が、その支援を受けた後に本来持っている自分のチカラを
    発揮できるようになるために、どんな支援が適切であるのか、
    研修会や他団体との情報交換などを通じて、支援の質を高めていきたい。

 誰もが暮らしやすいまちづくり
     みんなで子どもを育てることを通じて、多様な人の多様な価値観に触れ、誰もが暮らし
     やすい、より良い社会を、自分たちの手で創り上げていきたい。